よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

七十二候

七十二候「霜始降」

秋が一段と深まって、山里などで草木や地面に霜が初めて降りる頃。 晩秋のこの頃、朝晩の冷え込みがぐっと増し、 早朝には草木や地面にうっすらと氷の結晶が付いていることに気付きます。 霜が降りるようになると、地面近くは氷点下まで下がっています。 「…

七十二候「蟋蟀在戸」

「蟋蟀在戸」で「きりぎりすとにあり」と読みます。 戸口で秋の虫が鳴き始める頃となりました。 「キリギリス」とありますが、 昔は「蟋蟀 (コオロギ)」のことをキリギリスと呼び、 秋鳴く虫の総称でもありました。 キリギリスは、古くから日本人によって…

七十二候「菊花開」

菊の花が咲き始める頃となりました。 旧暦9月9日「重陽の節句」を迎える時期で、菊で長寿を祈願しました。 「桜」が日本の春を代表する花であるのに対し、 「菊」は日本の秋を象徴する花です。 (菊桜) 後鳥羽上皇は、殊の外、菊の花を好み、自らの印として…

七十二候「鴻雁来」

「鴻雁来」(こうがんきたる)とは、 暖かい南へと下っていくツバメと入れ違いに、雁が北から渡ってくる頃 という意味です。 「鴻雁」とは、渡り鳥の「ガン」のことですが、 「鴻」は「ひしくい」と読み、大型のガンを、 「雁」は小型のがんを指しているそう…

七十二候「水始涸」

「みずはじめてかる」と読みます。 この「みずかれる」は、川の水が涸れることを言っているのでは ありません。 田の水がなくなり、色づいた稲穂が頭を垂れる頃、 稲穂根づく田から水が減り、収穫の時期になった、ということを 意味しています。 実った稲が…

七十二候「蟄虫坏戸」

「むしかくれてとをとざす」と読みます。 春から夏に活動していた虫達が、 冬眠するために掘った穴に入り、その穴を塞ぐという意味です。 「虫」には、爬虫類や両生類の小動物も含まれています。 「蛇」(ヘビ)や「蜥蜴」(トカゲ)に「蛙」(カエル)など…

七十二侯「雷乃収声」

「かみなりすなわちこえをおさむ」と読みます。 夏の間に鳴り響いた雷が鳴らなくなる頃。 「春分」の末侯「雷乃声発」(かみなりすなわちこえをはっす)と 対になっていて、 春分の頃から鳴り始めて夏の間鳴り響いた雷が声を収めるようになります。 ところで…

七十二候「玄鳥去 (つばめさる)」

春先にやってきたツバメが 子育てを終え、越冬のために南へ旅立つ頃となりました。 ツバメは夏の風物詩です。夏の間に家の軒下に巣を作って子を産み育て気温が低下してエサが少なくなると、南へ移動し始めます。 陰暦8月のことを「燕去月」(つばめさりづき…

七十二候「鶺鴒鳴」

「チチッチチッ」と鈴のように高い声を放ちながら、 秋の空を爽やかに飛んでいくセキレイは、 細いくちばしと長い尾が特徴の、細っそりした体つきの鳥です。 羽色は主に背黒・白・黄の3種類が見られ、 それぞれセグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイと…

七十二候「草露白」

「草露白」は「くさのつゆしろし」と読みます。 草や花の上に降りてきた朝露が、白く光って見える頃。 この時期は朝晩と昼の寒暖差が大きくなり、 夜の空気が冷やされることで朝に露ができます。 少しずつ秋の気候になってきました。 「露草」は日本全国に幅…

七十二候「禾乃登 (こくものすなわちみのる)」

七十二候の第42候「禾乃登」。 「こくものすなわちみのる」と読み、 稲などの穀物が実り始める頃を表します。 「禾」は「いね」や「のぎ」とも読み、 稲・麦・稗・粟などの穀物を総称した言葉です。 立春から二百十日を過ぎ、台風の到来も多い時期です。 無…

七十二候「天地始粛 (てんちはじめてさむし)」

夏の気が落ち着き、ようやく暑さが収まり始める頃です。万物が改まる時季ともされています。 但し、日中はまだまだ暑い頃なので、体感としては夏の気候でしょう。 それでも、少しずつ冷たい空気が秋を運んでくる時季で、秋雨前線もやってきます。 北国や山な…

七十二候「綿柎開(わたのはなしべひらく)」

「綿柎開」で 「わたのはなしべひらく」と読みます。 綿を包む柎が開き始める頃。 「柎」は、「フ・いかだ・うてな・つ(ける)」と読み、 花の「萼」(がく)のことを意味しています。 綿は、7月から9月にかけて、黄色い花を咲かせ、実をつけますが、 その実は…

七十二候「蒙霧升降 (ふかききりまとう)」

「ふかききりまとう」と読みます。 深い霧が立ち込める頃となりました。 残暑厳しい日が続きますが、 朝夕は少しずつ涼しくなり、 ひんやりとした空気が 季節の移り変わりを教えてくれます。 早朝、水辺や森では、視界が遮られるほどの霧が立ち込め、 幻想的…

七十二候「寒蝉鳴 (ひぐらしなく)」

「寒蝉鳴」は「ひぐらしなく」と読み、 「ひぐらしが鳴き始める頃」という意味です。 ヒグラシは、甲高く「カナカナカナ」と鳴きます。 鳴くのは日の出前や日没後の薄暗い時間帯ですが、 気温が下がると日中でも鳴くようになるそうです。 どこか懐かしく涼し…

七十二候「涼風至」(すずかぜいたる)

「涼風至」と書いて、 「すずかぜいたる」もしくは「りょうふういたる」と読みます。 涼しい風が吹き始める頃。 まだ暑い時期だからこそ、ふとした瞬間に涼風を感じることが出来ます。 夏の暑い風から、秋の涼しい風に替わりはじめる頃。 まぶしく輝いている…

七十二候 「大雨時行(たいうときどきふる)」

「たいうときどきふる」と読みます。 「夏」の最後の候で、 集中豪雨や夕立などの夏の激しい雨が降る頃です。 この時季多い夕立(「ゆうだち」または「ゆだち」)は、 積乱雲によって突然降り出す大雨のこと。 夏の季語になっていて、 昼過ぎから夕方頃にか…

七十二候「土潤溽暑 (つちうるおうてむしあつし)」

「つちうるおうて むしあつし」と読みます。 暑気が土中の水分を蒸発させて、蒸し暑いという意味です。 「溽暑」(じょくしょ)とは、 蒸し暑いことをと言い、 陰暦6月の異称にもなっています。 「暑」の字が付く熟語 「炎暑」(えんしょ) 夏の燃えるような…

七十二候「桐始花結」

「きりはじめてはなをむすぶ」と読み、 桐の花が、実を結び始める季節を表しています。 「桐」は初夏に薄紫色の花を咲かせ、 盛夏を迎える今頃、卵形の実を結びます。 「花」を結ぶ? 「実」を結ぶ? どちらなのでしょうか? 「桐」は不思議なことに、 「夏…

七十二候「鷹乃学習 (たかすなわちわざをならう)」

「鷹乃学習」と書いて「たかすなわちわざをならう」と読みます。 5~6月に孵化したヒナは、この頃に飛び方や狩りの方法を覚え、 独り立ちに備えます。 鷹を巧みに扱い、狩りを行う「鷹狩り」は、 紀元前およそ1000前から、Chinaやインドで行われていたそうで…

七十二候「蓮始開(はすはじめてひらく)」

「蓮始開」と書いて、 「はすはじめてひらく」と読みます。 蓮の花が開き始める時候を言います。 蓮の花は夜明けと共に、泥の中に水を弾いて優雅な花を咲かせ、昼過ぎには閉じてしまいます。そして、4日目、花びらは再び閉じることなく散ってしまいます。 「…

雑節「半夏生」

「夏至」から数えて 11日目の 7月2日頃から七夕(7月7日)頃までの5日間を 「半夏生」と言います。 この頃に降る雨を 「半夏雨」(はんげあめ) (地域によっては「半夏水」(はんげみず))と言って、 大雨になることが多いのですが、 この頃から梅雨が明け…

七十二候

「七十二候」とは、 二十四節気を更に3つに分け、 約5日毎に名前をつけたものです。 「七十二候」は、 元々古代中国で生まれたものと言われています。 やがて日本に渡り、 江戸時代の暦学者が、 日本の気候に合わせて改訂しました。 気候は地域やその年に…

トップに戻る