よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

七十二候

七十二候「欸冬華」

「ふきのはなさく」 と読みます。 ふきの花・ふきのとうが地中から顔を出し始める頃。 陽が徐々に増すことで 地中でも 水の流れや生命活動など少しずつ動きが起こるようになっていましたが、 ここではいよいよ、地上に現れ始めるようになりました。 気候的に…

七十二候「雉始鳴」

「きじはじめてなく」と読みます。 雉のオスがメスを求めて鳴き始める頃となりました。 雉のメスは全体的に茶褐色をしていますが、 オスは濃い緑色の体で、長く美麗な羽を持っています。 そして早春の繁殖期になると、ハート型の赤い顔になり、 「ケーン、ケ…

七十二候「水泉動」

「しみずあたたかをふくむ」と読みます。 地中で凍っていた泉の氷が溶け始め、水が少しずつ動き出す頃です。 空気は冷たく、地上のあらゆるものが凍りつき寒々しいけど、 目に見えない大地の下では陽気が生じ、春に向けて少しずつ動き出しています。 この「…

七十二候「芹乃栄」

「せりすなわちさかう」と読みます。 芹が盛んに茂る頃となりました。 冷たい水辺で育つ芹は、空気が澄み切るように冷えるこの時期に、 “競り合う”ように良く育ち、1月から4月にかけて旬を迎えます。 「春の七草」の一つとしてもお馴染みの「芹」は、 昔か…

令和3年二十四節気・七十二候

季節 二十四節気 七十二候 日付 小寒(しょうかん) 初候 芹乃栄(せりすなわちさかう) 1月05日 次候 水泉動(しみずあたたかをふくむ) 1月10日 末候 雉始鳴(きじはじめてなく) 1月15日 大寒(だいかん) 初候 欸冬華(ふきのはなさく) 1月20日 次候 水…

七十二候「雪下出麦」

「ゆきわたりてむぎのびる」と読みます。 降り積もった雪の下で、 秋に種を蒔いた麦の芽が顔を出す頃です。 「越年草」という別名がある「麦」は、 10月から11月頃に撒かれ、寒さにも負けず、霜や雪にも耐えて年を越し、 その後すくすくと育ち、6月頃、…

七十二候「麋角解」

「さわしかのつのおつる」と読みます。 オス鹿の角が落ちる頃となりました。 メスの鹿は角が生えませんが、 オスの鹿は一年に一度、角が根元から自然にポロっと取れて、 春にはまた新しい角が生え始めます。 「麋」(さわしか・び)とは、 「なれしか」と言…

七十二候「乃東生」

「なつかれくさしょうず」と読みます。 「乃東」とは「夏枯草」(なつかれくさ)のことです。 他の植物が青々とした緑を誇る夏の間に 一足先にひっそりと枯れていくことからこの名前が付いた、 漢方薬に使われる紫蘇科の「靫草」(うつぼぐさ)という植物の…

七十二候「鱖魚群」

「さけのうおむらがる」と読みます。 鮭が群れをなして鮭が川を遡上する季節となりました。 鮭は川で生まれ、海に出て、再び生まれた川に帰って来ます。 この頃には、迫力のある遡上を見ることが出来ます。 河川で卵から孵化した鮭の稚魚は、 春、雪解け水と…

七十二候「熊蟄穴」

「くまあなにこもる」と読みます。 熊を始め、動物達が冬籠りをする頃となりました。 「蟄」(ちつ)は籠るという意味で、 「熊蟄穴」とは、寒く厳しい冬を乗り越えるべく、 冬眠のために熊が穴に籠る頃という意味です。 秋になってドングリや山ブドウが実る…

七十二侯「閉塞成冬」

「そらさむくふゆとなる」と読みます。 七十二候が大雪の初候に変わり、 天の気が塞がり、冬の空・空気となるという意味で、 本格的な冬が訪れる頃となりました。 この時期に入ると、 天気予報で「冬日」や「真冬日」という言葉が聞かれるようになります。 …

七十二候「橘始黄」

「たちばなはじめてきばむ」と読みます。 橘の実が黄色く色づく頃です。 「橘」とは、日本に自生する日本固有の柑橘類「ヤマトタチバナ」のことですが、 古くは柑橘類を総称して「橘」と言っていました。 「橘」は、冬でも青々とした常緑の葉を繁らせ、黄金…

七十二候「朔風払葉」

「きたかぜこのはをはらう」と読みます。 冷たい北風が、木の葉を散らす頃となりました。 「朔風」とは、「北風」のことです。 「朔」という字は、 「はじめ」とか「元へ帰る」という意味で使われています。 十二支を方角に当てると、 「子」(ね) の方角は「…

七十二候「虹蔵不見」

「にじかくれてみえず」と読みます。 「虹蔵不見」は、 冬の日差しが弱まって、虹が見られなくなる頃という意味です。 「虹蔵不見」の「蔵」には、 「物をしまっておく建物」という意味が転じて、 「隠して表に現わさない」、「潜む」という意味があります。…

七十二候「金盞香」

「きんせんかさく」と読みます。 水仙の花が咲き、芳しい香りを放つ頃となりました ここでいう「きんせんか」とは、 春に咲くキク科の「金盞花」ではなく、 ヒガンバナ科の「水仙」のことを指しています。 「金盞」(きんせん)とは、黄金の杯 (さかずき) のこ…

七十二候「地始凍」

「ちはじめてこおる」と読みます。 日ごとに寒さが増し、季節は本格的な冬を迎えます。 冬の冷気の中で、大地が凍り始める頃です。 朝には霜が降りたり、水たまりに氷が張ったり、 場所によっては「霜柱」が見られるようになります。 「霜」と「霜柱」はどち…

七十二候「山茶始開」

「つばきはじめてひらく」と読みます。 読みは 「つばき」ですが、 実際は、「山茶花」(さざんか)が咲き始める頃です。 昔から「山茶花」と「椿」はよく混同されてきたので、 「山茶始開」と書いて、「つばきはじめてひらく」と読まれました。 冬枯れの景…

七十二候「楓蔦黄」

楓 (かえで) や蔦の葉が色づく頃となりました。 いよいよ、紅葉の季節。 この頃になると、「紅葉前線」という言葉が聞こえてくるようになります。 9月頃に北海道の大雪山から紅葉が始まり、 北から南へ、山から里へとゆっくりと時間をかけて、 日本全体を鮮…

七十二候「霎時施」

「こさめときどきふる」と読みます。 パラパラと小雨が降り出す頃になりました。 この小雨とは、秋雨のようにしとしと降り続く雨ではなく、 通り雨のように雨が降ったかと思えばすぐに止み、雲間から青空が顔を出す 「時雨」(しぐれ)のことです。 秋の終わり…

七十二候「霜始降」

秋が一段と深まって、山里などで草木や地面に霜が初めて降りる頃。 晩秋のこの頃、朝晩の冷え込みがぐっと増し、 早朝には草木や地面にうっすらと氷の結晶が付いていることに気付きます。 霜が降りるようになると、地面近くは氷点下まで下がっています。 「…

七十二候「蟋蟀在戸」

「蟋蟀在戸」で「きりぎりすとにあり」と読みます。 戸口で秋の虫が鳴き始める頃となりました。 「キリギリス」とありますが、 昔は「蟋蟀 (コオロギ)」のことをキリギリスと呼び、 秋鳴く虫の総称でもありました。 キリギリスは、古くから日本人によって…

七十二候「菊花開」

菊の花が咲き始める頃となりました。 旧暦9月9日「重陽の節句」を迎える時期で、菊で長寿を祈願しました。 「桜」が日本の春を代表する花であるのに対し、 「菊」は日本の秋を象徴する花です。 (菊桜) 後鳥羽上皇は、殊の外、菊の花を好み、自らの印として…

七十二候「鴻雁来」

「鴻雁来」(こうがんきたる)とは、 暖かい南へと下っていくツバメと入れ違いに、雁が北から渡ってくる頃 という意味です。 「鴻雁」とは、渡り鳥の「ガン」のことですが、 「鴻」は「ひしくい」と読み、大型のガンを、 「雁」は小型のがんを指しているそう…

七十二候「水始涸」

「みずはじめてかる」と読みます。 この「みずかれる」は、川の水が涸れることを言っているのでは ありません。 田の水がなくなり、色づいた稲穂が頭を垂れる頃、 稲穂根づく田から水が減り、収穫の時期になった、ということを 意味しています。 実った稲が…

七十二候「蟄虫坏戸」

「むしかくれてとをとざす」と読みます。 春から夏に活動していた虫達が、 冬眠するために掘った穴に入り、その穴を塞ぐという意味です。 「虫」には、爬虫類や両生類の小動物も含まれています。 「蛇」(ヘビ)や「蜥蜴」(トカゲ)に「蛙」(カエル)など…

七十二侯「雷乃収声」

「かみなりすなわちこえをおさむ」と読みます。 夏の間に鳴り響いた雷が鳴らなくなる頃。 「春分」の末侯「雷乃声発」(かみなりすなわちこえをはっす)と 対になっていて、 春分の頃から鳴り始めて夏の間鳴り響いた雷が声を収めるようになります。 ところで…

七十二候「玄鳥去 (つばめさる)」

春先にやってきたツバメが 子育てを終え、越冬のために南へ旅立つ頃となりました。 ツバメは夏の風物詩です。夏の間に家の軒下に巣を作って子を産み育て気温が低下してエサが少なくなると、南へ移動し始めます。 陰暦8月のことを「燕去月」(つばめさりづき…

七十二候「鶺鴒鳴」

「チチッチチッ」と鈴のように高い声を放ちながら、 秋の空を爽やかに飛んでいくセキレイは、 細いくちばしと長い尾が特徴の、細っそりした体つきの鳥です。 羽色は主に背黒・白・黄の3種類が見られ、 それぞれセグロセキレイ・ハクセキレイ・キセキレイと…

七十二候「草露白」

「草露白」は「くさのつゆしろし」と読みます。 草や花の上に降りてきた朝露が、白く光って見える頃。 この時期は朝晩と昼の寒暖差が大きくなり、 夜の空気が冷やされることで朝に露ができます。 少しずつ秋の気候になってきました。 「露草」は日本全国に幅…

七十二候「禾乃登 (こくものすなわちみのる)」

七十二候の第42候「禾乃登」。 「こくものすなわちみのる」と読み、 稲などの穀物が実り始める頃を表します。 「禾」は「いね」や「のぎ」とも読み、 稲・麦・稗・粟などの穀物を総称した言葉です。 立春から二百十日を過ぎ、台風の到来も多い時期です。 無…

トップに戻る