よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

二十四節気

二十四節気「清明」

「清明」(せいめい)とは、 二十四節気の第5節目で、 「清浄明潔」 という語を略したものです。 「空気は澄んで、陽の光は明るく万物を照らして、 全てがはっきりと鮮やかに見える」頃です。 清明は空気が澄み、空も青く、本当に気持ちいい時季です。 ただ…

二十四節気「春分」

「春分」は二十四節気のひとつで、 昼と夜の長さがほぼ同じになり、 この日を境に昼間の時間が長くなっていきます。 地球の赤道を延長した天の「赤道」と太陽の通り道の「黄道」が ちょうど交差したところが「黄径0度」。 「春分」とは、太陽がちょうど黄径…

二十四節気「雨水」

「雨水」(うすい) とは、 降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃のこと。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「陽気地上に発し雪氷とけて雨水となれば也」 とあります。 暖かい陽気になってきて雪や氷が解け、雨水になる、という…

二十四節気「立春」

旧暦では、この日が1年の始めとされていたため、 決まり事や季節の節目はこの日が起点になっています。 「八十八夜」、「二百十日」、「二百二十日」も 「立春」から数えます。 「冬至」と「春分」の真ん中で、 まだまだ寒いですのですが、 暦の上では旧冬と…

二十四節気「小寒」

小寒は、一年で最も寒さが厳しくなる時期の始まりを意味しています。 江戸時代に発行された「暦便覧」には、 「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」 と記されています。 この一説にあるように ますます冷え込む時期であり、これから冬本番…

令和3年二十四節気・七十二候

季節 二十四節気 七十二候 日付 小寒(しょうかん) 初候 芹乃栄(せりすなわちさかう) 1月05日 次候 水泉動(しみずあたたかをふくむ) 1月10日 末候 雉始鳴(きじはじめてなく) 1月15日 大寒(だいかん) 初候 欸冬華(ふきのはなさく) 1月20日 次候 水…

二十四節気「冬至」は「一陽来復の日」

旧暦では、冬至は太陽の力が復活する日です。 そのため、冬至は別名、「一陽来復」(いちようらいふく)の日と言われています。 「一陽来復」とは、「良くないことが続いた後、物事がようやく良い方向に向かう」 という意味です。 「冬至」が近づくにつれて…

二十四節気「冬至」

令和2(2020)年の「冬至」は12月21日です。 「冬至」とは二十四節気の一つで、 北半球において最も昼が短い(=夜が長い)日のことです。 (反対に、南半球では最も昼の時間が長い日になります。) 「夏至」の日と比べると、 北海道の根室で約6時間半…

二十四節気「大雪」

二十四節気はいよいよ「大雪」(たいせつ)に突入。 本格的に冬が到来する頃となりました。 「冬将軍」と呼ばれるシベリア寒気団も到来し、気圧配置は完全な冬型になります。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には次の様に記されています。…

二十四節気「小雪」

雨が雪に変わり始める頃です。 冬とは言え、まだ雪はさほど多くないという意味で、 冬の入口に当たります。 江戸時代に書かれた『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「冷ゆるがこ故に雨も雪となりてくだるがゆへ也」 とあります。 「日が短くなり、空気が冷…

二十四節気「立冬」

立冬とは、冬の始まりのこと。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)によると 「冬の気立ち初めていよいよ冷ゆれば也」。 冬の気配(気立ち)を感じ、いよいよ寒くなって行く時期です。 朝夕冷え込むようになり、日中の陽射しも弱まって来て、 …

二十四節気「霜降」

江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「つゆが陰気に結ばれて、霜となりて降るゆへ也」 とあります。 「時雨が降った後に、雨の露と陰気が結びついて、霜が降りて霜柱となる」という 意味です。 風が一層冷たく感じられ、 地域によって…

二十四節気「寒露」

「寒露」とは、 「草木に冷たい露(つゆ)が降りる時期」 という意味です。 「露」が冷たい空気と接して「霜」に変わる直前で、 朝晩ぐっと冷えるようになります。 この頃は、大気の状態が安定して空気が澄んだ秋晴れの日が多くなります。 夜には月も美しく…

二十四節気「秋分」

「秋分」は、太陽が真東から昇って真西に沈み、 昼と夜の長さがほぼ同じになります。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、 「陰陽の中分となれば也」 という言葉があります。 陰陽、暑さと寒さの丁度中間であると同時に、 昼と夜の長さ…

二十四節気「白露」

処暑から数えて15日目頃、この日から「仲秋」になります。 「陰気 やうやくかさなりて 露こごりて白色となれば也」 暑さが弱まり、大気が冷え込んで、草花に白い露が宿り始める頃。 草の葉に白い露が結ぶという意味です。 夜の間に大気が冷え込み、 草花に朝…

二十四節気「処暑」

令和2年は、8月23日から9月6日までになります。 「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」 厳しい暑さの峠を越し、朝夕は涼風が吹き始め、 山間部では早朝に白い露が降り始め秋の気配を感じます。 そろそろ夏の家具や雑貨を片づけ、秋の準備を…

二十四節気「立秋」

朝夕が涼しくなり、 秋の気配が立つ頃です。 「立春」からちょうど半年が経過し、 この日から「立冬」の前日までが 暦の上では「秋」となります。 ですが、日中はまだ残暑が厳しく 1年で最も気温が高くなる時期。 この頃は、月遅れのお盆を前に 各地で夏祭り…

二十四節気 「大暑」

「大暑」は二十四節気の12番目です。 「暑気いたりつまりたるゆえんなれば也」 (暦便覧) 「夏の暑さが極まる季節だから(大暑)である」という意味です。 但し、実際の暑さのピークはもう少し後になります。 梅雨明けの時季で、「夏の土用」もこの頃。 い…

二十四節気「夏至」

今日は「夏至」(げし)。 立夏から立秋にかけての中間で、 暦の上では夏の盛りの頃となります。 実際には梅雨の真っ盛りで、 暑さのピークは1カ月程先になります。 沖縄では、 この頃に吹く季節風を「夏至南風」と言い、 この風が吹くと、梅雨が明けて本格…

二十四節気「小暑」

暑さも本格的になる時期。 暑さがどんどん強くなっていくという意味があり、 この頃から暑さが本格的になってきます。 天気予報やニュースで「小暑」という言葉を耳にしたら、 本格的な夏を迎える合図だと思って下さい。 梅雨の終わる頃で、集中豪雨が多く発…

二十四節気「大寒」

「大寒」は、二十四節気の第24節目で一年の最後の節気です。 江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)によると、 「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」 。 寒さが最も厳しくなる頃という意味です。 冬の季節の最後の節気で、 寒さが更に…

二十四節気「啓蟄」

今日から二十四節気の3番目「啓蟄」。 今から234年前の天明7(1787)年に太 玄斎 (松平頼救)という人が著した 暦の解説書『暦便覧』において「啓蟄」については、 「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されております。 前節の…

二十四節気「穀雨」

「穀雨」は、「種まきや田植えの時期に降る雨」のことです。 春雨が百穀を潤すことから名付けられたもので、 この時期の雨は 「百殻春雨」(ひゃくこくはるさめ)とも呼ばれており、 あらゆる穀物を潤し育てる恵の雨と考えられてきました。 百穀春雨(ひゃっ…

二十四節気「立夏」

「立夏」とは、二十四節気の1つで、 昼と夜の長さが同じ日である「春分」と、 1年で最も昼の長い日である「夏至」の丁度中間に当たります。 暦の上では夏の始まり。 この日から立秋の前日までが夏季になります。 この頃は、晴天の日が多く、天候が安定して…

二十四節気「小満」

「小満」とは、秋に蒔いた麦などの穂がつく頃で、 ほっと一安心(=少し満足)したと言う意味です。 田畑を耕して生活の糧を稼いでいた時代には、 農作物の収穫の有無は人の生死に関わる問題でした。 そのため、麦などに穂がつくと 「今のところは順調だ、よ…

二十四節気「芒種」

二十四節気も 今日からは「芒種」になります。 江戸時代に発行された「暦便覧」(こよみびんらん)には 「芒ある穀るい稼種する時なればなり」 (のげあるこくるいかしゅするときなればなり) という言葉があります。 「芒」(のげ)とは、 麦や稲などの先端…

令和2年「二十四節気」

二十四節気 七十二候 日付 冬至(とうじ) 冬の最中で寒さの厳しい時期。一年で最も昼が短い日。 [末候]雪下出麦 1/1 小寒(しょうかん) 寒さが本格的になる時期を 迎える。寒の入り。 [初候]芹乃栄 1/6 [次候]水泉動 1/11 [末候]雉始鳴 1/16 大寒(だ…

トップに戻る