よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

年中行事

十五夜

お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべます。 十五夜とは本来は満月のことですから、 年に12回または13回巡ってきます。 中でも旧暦の8月は 年の中で最も空が澄み渡り、月が明るく美しいとされていたため、 平安時代から観月の宴が開催されま…

地蔵盆

「地蔵盆」とは、8月23日、24日に行われる、 子供の無病息災を願った地蔵菩薩のお祭りのことです。 地蔵盆の主役は子供達。 地蔵盆は大人ではなく、子供が主体となって催され、 町のお地蔵様をきれいに洗って、 前垂れをつけたりとおめかしして、 灯籠や供物…

お盆の由来

お盆の正式名称は、「盂蘭盆会」(うらぼんえ)と言います。 これを略して「盆」や「お盆」です。 サンスクリット語では「ウランバーナ」と言って、 「逆さに吊された苦しみ(倒懸)」という意味があります。ヒャーっ! なんとも、おどろおどろしい意味です…

暑気払い

「暑気払い」とは、 暑い夏、体に溜まった熱気を取り除くことを言います。 暑さや熱そのものに限らず、 弱った「気」(エネルギー)を元に戻して、元気」になろうとすることです。 現在では、 「夏に開催する飲み会」と思っている人も多いようですが、 本来…

お中元

夏のご挨拶である「お中元」は、 道教の年中行事である「中元」が起源とされています。 三元 日付(旧暦) 日付(新暦) 神徳 上元 1月15日 2月上旬~3月上旬 賜福(福を与える) 中元 7月15日 8月上旬~9月上旬 赦罪(罪を赦す) 下元 10月15日 11月上旬~1…

夏越の祓

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、 半年分のケガレを落とす行事で、 この後の半年の健康と厄除けを祈願します。 心身の穢れや、災厄の原因となる罪や過ちを祓い清める儀式であり「名越の祓」「夏越神事」「六月祓」とも呼ばれます。 〜◎{今年も茅の輪を…

トップに戻る