よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

暦について

選日

暦に書かれている暦注の中で、 六曜、十二直、二十八宿、九星、 暦注下段に含まれないものをまとめて 「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。 八専 「天干」と「地支」の五行の気が揃う日のこと。壬子から癸亥までの間に8日だけあるので「…

二十八宿

「二十八宿」とは、 天の赤道に沿って選ばれた、 1日ごとに月が宿る28個の明るい恒星のことです。 太陽が地球上を運行する黄道に沿って、 月の一周が28個に分割されました。 この区分を「宿」(「星宿」とも)と呼び、 星宿に星座名が当てはめられました…

十二直

「十二直」(じゅうにちょく)は 北斗七星の柄杓が季節によって指す方角を、 十二支に割り当てたものです。 「十二直」の歴史は古く、 日本のカレンダーに良く記載される 大安や仏滅と言った「六曜」よりも 古くから信じられてきたものです。 飛鳥時代から「…

六曜

「六曜」は中国の六壬時課という時刻の占いが我が国に伝わり、 日の占いに変化したもので、旧暦の朔日毎に繰方が変わります。 明治以前の暦には記載されていない比較的歴史の浅い暦注です。 先勝 せんしょう、せんかち、さきがち 先勝は「先んずればすなわち…

トップに戻る