よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

暦について

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この日に一粒の米をまくと、 万倍の稲穂となって大きな富をもたらしてくれると言われる「一粒万倍日」。 何事を始めるにも良い日とされている日です。 特に「小さなものを大きく増やす」という「一粒万倍」の意味が当てはまる 「宝くじ」や「貯金」などに縁…

寅の日

「寅の日」は 吉日の中でも最も金運に縁がある日で、 「金運招来日」とも言われています。 古来より 「寅は千里往って千里還る」 (とらはせんりいってせんりかえる) ことから、非常に勢いがあり、 ビジネスのスタートや旅行にも好日とされています。 トラ…

大安(たいあん)

「大安」とは、一日を通して縁起が良いとされている日で、 「六曜」と呼ばれる日本の歴史の中でも有名な「歴注」のひとつです。 文字通り「大いに安し」という意味で、六曜の中でも一番の吉日! 一日中、あらゆることが「吉」なので、 結婚式や結納の日に選…

不成就日

「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」と読みます。 「不成就日」は、 日本の古来からある暦の「選日(撰日)」(せんじつ)の一つです。 「選日」とは、暦注のどのカテゴリ以外のものの総称です。 「撰日」、「雑注」とも呼びます。 日の吉凶を占う…

十方暮(じゅっぽうぐれ)

「十方暮」は陰陽五行説に基づく「暦注」で、 干支(十干十二支)の21番目に当たる「甲申」( きのえさる)の日から 30番目の「癸巳」(みずのとみ)に至る10日間を指します。 この期間中は、 十方の気が塞がって、 何の相談事も上手くいかず、労して…

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」は、 「屋立てあし」「蔵立てあし」ということから建築関係の「大凶日」とされ、 文字通り「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」と言われていました。 また、「高いところへ登ると怪我をする」と注記されている暦もあります。 江戸…

巳の日

巳の日は「金運財運に良い日」とされています。 巳の日の「巳」とは蛇のことです。 蛇は財運を司っている動物で、 世界各国でも神様の象徴としてとても大切にされてきました。 脱皮を繰り返し生きる蛇は、 生命力が強く龍にも似た姿からも 「富のシンボル」…

二十八宿「鬼宿」

「鬼宿日」は 鬼が宿にいて、外を出歩かないので、 鬼に邪魔をされずに、 様々なことを行うことが出来る 「大開運日」 とされています。 「鬼宿日」は、何事をするにも良い吉日とされていますので、 宝くじ購入や新しい財布を使い始めるなど 「金運に関連す…

天赦日

「天赦日」(てんしゃにち)は 天赦日は百神が天に昇る日で、天が地上の万物を生養し、その罪を許す日。 日本の暦の上で1番良い最大の大吉日です。 年に5~6回しかない貴重な開運日で、 新しい何かをスタートさせたり、躊躇していたことに挑戦するには も…

犯土(つち・ぼんど):大犯土・小犯土

「犯土」と書いて、 「つち」または「ぼんど」と読みます。 「大犯土」(おおつち・おおづち)または「大土」(おおつち・おおづち)と、 「小犯土」(こつち ・こづち )または「小土」(こつち ・こづち )の 2つの期間があり、 「大犯土」は「庚午」(か…

「甲子の日」・・・今日から始めよう!

「甲子」は、「きのえね」「こうぼくのねずみ」「こうぼくのね」「こうし」「かっし」と読みます。 日本人は古来より、 「十干」「十二支」からなる六十通りの組み合わせを年や月日に当てはめ、暦としてきました。 「甲子の日」は、十干十二支の組み合わせの最初という…

吉日・凶日

婚礼の吉日 十二直:「成」「平」「建」「定」は大吉日 「除」「破」は避ける 結納の吉日 十二直:「成」「満」「納」は吉日 「破」「除」「危」は避ける 妊娠腹帯の吉日 十二直:「成」「満」「建」 十二支:「戌」「亥」 家造り、柱立ての吉日 六十干支:…

天一天上

「天一神」さまが「天一神」という方角神が天に上っておられる期間のこと。この16日間は「天一神」の祟りはなく、 どこに出掛けるのも「良し」とされています。 その代わりに「日遊神」が地上に降りて家の中に留まるので、この期間は家の中を清潔にしなけ…

六十干支(ろくじっかんし)

暦注の多くは、 「陰陽五行説」(いんようごぎょうせつ)という古代Chinaの思想や易から発生し、 月日に当てられるようになったもので、その大きな柱となるものが「干支」です。 「干支」(えと)は、「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)の組み…

十干(じっかん)

「十干」(じっかん)とは、 「甲」「乙」「丙」「丁」「戊」「己」「庚」「辛」「壬」「癸」の 10の要素の順列を言います。 おおまかにいうと、10日間を一区切りにして、 その10日間の1日1日に名前を割り付けたものです。 10日を一区切りにすると…

十二支

「十二支」は、元々は、古代Chinaで考え出されたもので、 惑星の内で、最も尊い星と考えられていた木星が、 約12年で天球を一周することから、 その位置を示すために天球を12の区画に分けて それぞれに名前を付けたものが「十二支」の名の由来と言われて…

節切りの暦

「二十四節気」の節をもとに1年を12カ月に分ける暦のことです。 二十四節気の一つの季節はおよそ15日なので、2つで30日。 つまり約1カ月です。 例えば、立春から啓蟄の前日までが1月、 啓蟄から生命の前日までが2月と言う風に。 最後は小寒から立…

選日(せんじつ)

暦に書かれている暦注の中で、 六曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段に含まれないものをまとめて 「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。 八専 「天干」と「地支」の五行の気が揃う日のこと。壬子から癸亥までの間に8日だけあるので、「…

二十八宿

「二十八宿」とは、 天の赤道に沿って選ばれた、1日毎に月が宿る28個の明るい恒星のことです。 太陽が地球上を運行する黄道に沿って、月の一周が28個に分割されました。 この区分を「宿」(「星宿」とも)と呼び、星宿に星座名が当てはめられました。 …

十二直

「十二直」(じゅうにちょく)は 北斗七星の柄杓が季節によって指す方角を、十二支に割り当てたものです。 「十二直」の歴史は古く、日本のカレンダーによく記載される 大安や仏滅と言った「六曜」よりも古くから信じられてきたものです。 飛鳥時代から「十…

六曜

「六曜」はChinaの「六壬時課」という時刻の占いでしたが、 室町時代初期に渡来した後、日本独自の変化を遂げました。今日のような形になったのは 江戸時代・天保年間(1831年から1845年)からのこととされています。明治以前の暦には記載されていない、比較…

トップに戻る