よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

選日

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」は、 「屋立てあし」「蔵立てあし」ということから建築関係の「大凶日」とされ、 文字通り「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」と言われていました。 また、「高いところへ登ると怪我をする」と注記されている暦もあります。 江戸…

一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

この日に一粒の米をまくと、 万倍の稲穂となって大きな富をもたらしてくれると言われる「一粒万倍日」。 何事を始めるにも良い日とされている日です。 特に「小さなものを大きく増やす」という「一粒万倍」の意味が当てはまる 「宝くじ」や「貯金」などに縁…

不成就日

「ふじょうじゅび」または「ふじょうじゅにち」と読みます。 「不成就日」は、 日本の古来からある暦の「選日(撰日)」(せんじつ)の一つです。 「選日」とは、暦注のどのカテゴリ以外のものの総称です。 「撰日」、「雑注」とも呼びます。 日の吉凶を占う…

1月16日は今年最初の「天赦日」

「天赦日」(てんしゃにち)は 天赦日は百神が天に昇る日で、天が地上の万物を生養し、その罪を許す日。 日本の暦の上で1番良い最大の大吉日です。 年に5~6回しかない貴重な開運日で、 新しい何かをスタートさせたり、躊躇していたことに挑戦するには も…

八専(はっせん)

「干支」とは「十干」と「十二支」の組み合わせによって作られた名称です 十干 (じゅっかん):甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸 十二支(じゅうにし):子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥 「十干」は五行の「木」「火」「土」「金」…

選日(せんじつ)

暦に書かれている暦注の中で、 六曜、十二直、二十八宿、九星、暦注下段に含まれないものをまとめて 「選日(撰日)」(せんじつ)または「雑注」と言います。 八専 「天干」と「地支」の五行の気が揃う日のこと。壬子から癸亥までの間に8日だけあるので「八…

トップに戻る