よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

二十四節気「雨水」

f:id:linderabella:20200605164605p:plain

 

「雨水」(うすい) とは、
降る雪が雨へと変わり、雪解けが始まる頃のこと。
 
江戸時代に発行された『暦便覧』(こよみびんらん)には、
「陽気地上に発し雪氷とけて雨水となれば也」 とあります。
暖かい陽気になってきて雪や氷が解け、雨水になる、ということです。
 
山に積もった雪もゆっくりと解け出し、田畑を潤します。
昔から、雨水は農耕を始める時期の目安とされてきました。
 
草木が芽生える頃で、
昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。
春一番」が吹くのもこの頃です。
 しかし、本格的な春の訪れにはまだ遠く、大雪が降ったりもします。
三寒四温」を繰り返しながら、春に向かっていきます。
 
 
地方によっても違うようですが、
この日に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

 

f:id:linderabella:20201227114524j:plain

 

トップに戻る