よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

夏越の祓

「夏越の祓」(なごしのはらえ)とは、
半年分のケガレを落とす行事で、
この後の半年の健康と厄除けを祈願します。

心身の穢れや、災厄の原因となる罪や過ちを
祓い清める儀式であり
「名越の祓」「夏越神事」「六月祓」とも呼ばれます。

 

由来は、
伊弉諾尊(いざなぎのみこと)の
禊祓(みそぎはらひ)にまで遡るそうですが、
新暦に移った現在でも、
6月30日頃に、
日本各地の神社で行なわれている伝統行事です。
 
応仁の乱京都市街が荒廃してからは、
神仏習合の影響もあり、
宮中の年間行事として行われなくなっていましたが、
明治4(1871)年の太政官布告で復活し、
新暦となった現在でも
6月30日に各地の神社で執り行われています。
 
 
心身を清めてお盆を迎えるための夏越の祓では、
厄災を祓い清めるために「大祓詩」が唱えられる他、
いくつかの特徴的な行事が行われます。
 

 
1.茅の輪くぐり
  (ちのわくぐり)
 
 
夏越の祓で最も知られている行事は、
「茅の輪くぐり」ではないでしょうか?
「茅の輪」は”チガヤ”という草で編んだ輪のことです。
この「茅の輪」をくぐることで、
病気や災いを免れることができるとされています。
 
-茅の輪くぐりの作法-
神社の境内に作られた大きな茅の輪の中を
水無月の夏越の祓する人は、
 千歳(ちとせ)の命延(の)ぶというなり」
と唱えながら、8の字を書くように3度くぐり抜けます。
 
 
 
「茅の輪くぐり」は日本神話に基づいていると言われています。
昔、ある兄弟のところに、一人の旅人が現れて一夜の宿を乞いました。
裕福な兄は旅人を冷たく断り、
貧しいながらも弟の蘇民将来(そみんしょうらい)は温かく旅人をもてなしました。
数年後、旅人が恩返しにと再び蘇民を訪れますが、
実はこの旅人はスサノオノミコトで、
その教えに従って茅の輪を腰に付けたところ、
疫病から逃れられ、子々孫々まで繁栄したということです。
この故事に基づき、
家の玄関に「蘇民将来札」という札を貼り、厄除けにするという風習は
今も残っています。
 
 

 
2.人形代
  (ひとかた)
 
「人形」とは、人の形を模した紙の形代(かたしろ)のことです。
紙だけでなく、藁などで人形を作るところもあります。
 
この人形に自分の名前や年齢などを書き、
それで体を撫でて人形に罪やケガレを移し、
身代わりとして神社に納めます。
人形を川に流したり、篝火を焚いたり、水や火を使う神事で清め、
厄を落とします。
お清めのために人が直接、川や海に入る地方もあります。
 

 
3.京都の行事食「水無月
 
京都では「水無月」という、
白いういろう生地の上に小豆を乗せた三角形の和菓子を
夏越の祓での行事食として食しています。
 
京都で「水無月」が食されるようになったのは、
宮中で行われていた「氷の節句」に由来すると言われています。
6月1日に行われていた氷の節句では、
取寄せた氷を口に含み、暑気を払って
夏を無事に乗り切れるよう祈願されました。
しかし、庶民にとって氷は高嶺の花であったため、
氷をイメージした「三角のういろう」に、
邪気を払う「小豆」を乗せた「水無月」が作られたのだとか。
 
 

 


f:id:linderabella:20200617162322j:plain

トップに戻る