よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

十五夜

お月見といえば「十五夜」の「満月」を思い浮かべます。
 

 
 
十五夜とは本来は満月のことですから、
年に12回または13回巡ってきます。
 
中でも旧暦の8月は
年の中で最も空が澄み渡り、月が明るく美しいとされていたため、
平安時代から観月の宴が開催されました。
そして江戸時代に入ると、庶民の間にまで十五夜の風習が広まります。
収穫祭や初穂祭の意味合いが強く、
無事に稲を収穫できた喜びを分かち合い、 感謝する日だったそうです。
 
 
 
ところで、十五夜
「ちゅうしゅうのめいげつ」とも言われていますが、
中秋の名月と書いても「仲秋の名月」と書いても正解です。
漢字によって意味が違うのです。
 
 
・仲秋の名月
旧暦では、7月、8月、9月を秋の季節とし、
7月を「初秋」、 8月を「仲秋」、 9月を「晩秋」と言いました。
つまり「仲秋」とは「8月」の別称で、
仲秋の名月とは8月の名月 という意味になります。
 
秋のちょうど真ん中の日を「中秋」と言い、
旧暦の8月15日が秋の真ん中、「中秋」に当たります
そのため、 中秋の名月=8月15日の名月という意味になります。
 

 
 
「お月見のお供えもの」と言えば、
「月見団子」に「ススキ」、それに「芋」などの野菜などが挙げられます。
 

 
 
1.ススキ

 
秋の七草の一つでもあるススキには、
悪霊や災いなどから収穫物を守り、
翌年の豊作を願う意味が込められています。
その魔除けのススキは
庭や水田に立てたり、軒先に吊るす風習が今もあります。
 
秋の七草」とは、秋を代表する7種類の花です。
具体的には、
萩、桔梗、葛、藤袴、女郎花、尾花(オバナ=ススキ)、撫子です。
春の七草」が七草粥にして無病息災を祈るのに対し、
秋の七草」はその美しさを鑑賞して楽しむものです。
     
 
 
2.お団子(月見団子)

 
月に見立てたお団子をお供えすることで、月に収穫の感謝を表します。
「月見団子」は穀物の収穫に感謝し、
米を粉にして丸めて作ったことが始まりと言われます。
そしてその月に見立てた丸い団子をお供えし、食べることによって
健康と幸せを得られると考えられていました。
十五夜では15個、十三夜では13個を、ピラミッドのように積んで
お供えします。
 
 
3.農作物(里芋・栗)

 
お月見は、豊作を祝う行事でもあります。
里芋、栗、枝豆など、収穫されたばかりの農作物をお供えし、
収穫に感謝します。
 
十五夜は、9月頃に収穫される「芋」をお供えすることから
芋名月」(いもめいげつ)とも呼ばれ、
イモ類の収穫を祝う行事でもあるため、
サトイモやサツマイモなどもお供えするとよいでしょう。
 

 
お供えものは、下げて食べることが大事です。
お供えものをいただくことで、
神様から力をいただき、結びつきも強くなると考えられているからです。
 

 
事前にきちんとお供えできない場合は、
夕食にサトイモやサツマイモ料理、月見団子を用意し、
短時間でも感謝の気持ちを込めてお供えしてから食べるようにすれば
大丈夫です。
 

f:id:linderabella:20200617162322j:plain

 

トップに戻る