よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

「立皇嗣の礼」関連行事

11月5日「勅使発遣の儀」 
天皇陛下伊勢神宮などに使者を派遣する儀式を皇居・宮殿で実施。
 
 伊勢神宮では、秋篠宮皇嗣殿下が
 皇位継承順位第1位たる皇嗣となられたことを内外に宣明する儀式 
 「立皇嗣宣明の儀」が宮中で執り行われるに際し、
 その当日に勅使が遣わされ奉告祭が行われます。
 このお祭りは両正宮に引き続き、全ての宮社で執り行われます。
 
 
 
11月8日「立皇嗣宣明の儀」
秋篠宮殿下が皇嗣になったことを陛下が宣言する中心儀式。(国事行為)
 
 
11月8日「朝見の儀
秋篠宮殿下に陛下が会う儀式。(国事行為)
 
 
また、皇室に代々伝わる皇太子に相伝される太刀
「壺切御剣」(つぼきりのみつるぎ/つぼきりのぎょけん)を
陛下が秋篠宮殿下に渡す行事も行われます。
 
 
「壺切御剣」(つぼきりのみつるぎ)は、
 皇太子が立太子された証として授けられる剣です。
 壺切御剣が授与されるようになったのは、
 平安時代初期の寛平5(893)年のこと。
 当時、「宇多天皇」が「敦仁親王」(後の醍醐天皇)の立太子に際して、 
 刀剣を献上したのが始まりです。
 これ以降慣例化され、
 同剣の継承なしに立太子することは不可能になりました。
 
 現在、皇居で伝承される「壺切御剣」は2代目で、
 初代は康平2(1059)年)の宮廷火災で焼失。
 2代目の「壺切御剣」は、「藤原教通」が献上した一振です。
 
 
 昨年、令和元(2019)年9月26日には、
 「行平御剣(ゆきひらぎょけん)伝進の儀」が行われています。
 これは、歴代皇太子に受け継がれてきた御剣
 「豊後国行平御太刀(ぶんごのくにゆきひらおんたち)」を、
 皇位継承順位1位の皇嗣となられた秋篠宮殿下に伝えるものです。
 御剣は10月22日に皇居・宮殿で行われた「即位礼正殿の儀」で、
 秋篠宮殿下が帯剣されていました。
 
 御剣は後鳥羽上皇ゆかりの豊後国の刀匠が手がけたとされ、
 大正から昭和、平成と皇位継承の度に歴代の皇太子に伝えられてきた
 「由緒物」の一つです。
 
 
この日、天皇、皇后両陛下と秋篠宮両殿下は
装束姿で宮中三殿を参拝し、行事挙行を報告。
両殿下は以後、宮中三殿の殿上に上がって拝礼なさいます。
 
 
 
但し、皇居などでの記帳は行わず、
両殿下が皇居とお住まいのある赤坂御用地を移動する際に
儀式的な車列は組まないそうです。
 

また、両殿下が報告のため
伊勢神宮神武天皇陵、昭和天皇武蔵野陵を参拝する日程は
今のところ未定。

f:id:linderabella:20200614164803p:plain

 

トップに戻る