よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

お屠蘇

年の初めに長生きを祈って頂く薬酒が「お屠蘇」です。
 

 
 
お屠蘇に入れる「屠蘇散」は正式には「屠蘇延命散」と言います。
邪気を屠り、心身を蘇らせる効果があるということから、
正月にその一年の無病息災を願って、「屠蘇」の入った袋をお銚子に入れ、
酒やみりんを注いで浸したものを頂きます。
 

 
三国時代の魏の名医・華蛇(カダ)が考案したとも、唐代に仙人が考案したとも
言われています(仙人の住んでいた洞窟が「屠蘇庵」というので「屠蘇」という)。
日本には平安時代に伝わり、嵯峨天皇の頃に宮中の正月行事として始められ、
江戸時代には一般に広まりました。
 
 
宮中では、大中小三つ重ねの朱塗りの盃を使い、
一献、二献、三献と
処方の異なる生薬を酒に入れて飲むしきたりだったようです。
 
 

 
 
屠蘇散」の中身は、いわゆる漢方薬に使われる「生薬」です。
処方の構成生薬や量についてはいろいろありますが、
「乾姜(ショウガ)」、「桔梗」、「桂皮(シナモン)」、「山椒」、
「朮」(おけら)、「丁子(クローブ)」、「陳皮(ウンシュウミカン)」、
「防風」などが配合されることが多いそうです。
 
これらの多くは香りのある生薬で、
発汗や解熱、また健胃作用が期待出来ると言われています。
普段から香辛料や食材としても利用する馴染みのあるものがほとんどです。
 
 

 
 
地域や家庭によって異なりますが、
「屠蘇」をいただく時の伝統的な作法は、次のようになります。
まず大晦日の晩に、「屠蘇散」が入った袋を井戸の内側に吊るしておきます。
この袋は、三角形に縫った赤い絹の袋です。
一晩吊り下げられた「屠蘇散」は、
元旦の早朝に取り出して、酒もしくはみりんに浸します。
 
元旦の朝、「若水」(元旦の早朝に汲んだ水)で身を浄め、
初日や神棚、仏壇などを拝んだ後、家族全員揃って新年の挨拶を。
そうして、雑煮やおせち料理をいただく前に、「お屠蘇」を飲みます。
その時使われる酒器は、
朱塗りまたは白銀や錫などのお銚子と朱塗りの三段重ねの盃。
 
 

 
 
「お屠蘇」をいただく時には、一家揃って東の方角を向きます。
大抵の宴席では、年長者から盃を下げていきますが、
このお屠蘇ばかりは逆。
年少者から年長者へと盃を順にすすめます。
若者の精気を年長者に渡すという意味合いが含まれているのだとか。
 
飲む時には、
「一人これを飲めば一家苦しみなく、一家これを飲めば一里病なし」
と唱えます。
 
 
「お屠蘇」は、正月三カ日の来客には、
まず、初献にお屠蘇をすすめて
新年のお祝いの挨拶を交わすのが礼儀とされています。
 
そして、「松の内」が過ぎたら、
袋の中の薬滓を、元の井戸の中に投げ入れる。
この井戸水を飲めば一代の間、無病でいられるとされたそうです。
 
 


【12月新商品】【数量限定】【ギフト箱入】新春セット屠蘇散付(黒松白扇新酒一号・福来純伝統製法熟成本みりん)(各720ml)【白扇酒造】□

 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain

トップに戻る