よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

どんど焼き・左義長

どんど焼き」とは、
小正月」(1月15日)に全国的の神社や仏閣の「火祭」のことです。
 
 

 
 
門松、注連縄、破魔矢などの「正月飾り」や「書き初め」、
それに古いお札などをお焚き上げします。
その煙に乗って歳神様(年神様)が天上に帰ってゆくとされています。
また、その火で焼いたお餅などを食べると無病息災で過ごせると言われています。
 
 

 
 
どんど焼き」にはいろいろな言い伝えがあります。
  1. 火や煙に当たることで、一年健康に過ごせるようになる。
  2. お餅、団子を食べると虫歯にならない、健康になる。
  3. 灰は魔除け、厄除けの力があり、家の周りに撒くと良い。
  4. 書き初めを燃やした時の炎が高く上がれば字が上達する。
 
 
この火祭り行事の名称には、
どんど焼き」の他にも、やや変形した「とんど焼き」「どんどん焼き」、
左義長」「サイノカミ」「道祖神祭」「鬼火焚き」など、
地域により様々です。
 
 
左義長」は「三毬杖」(さぎちょう)という青竹で正月飾りを焼いたことに
由来します。
 
<関連事項>
 

f:id:linderabella:20201227110722j:plain

 

トップに戻る