よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

「寒九」(かんく)

「寒九」とは、小寒から9日目を意味する言葉です。
「寒四郎」と同様に、天候でその年の収穫を占っていました。
 
寒の入りから4日目の「寒四郎」の日は
晴れていればその年は「豊作」、雨や雪など悪天候 であれば「凶作」。
 
一方、「寒九」の場合は「寒四郎」とは逆で、
雨が降ると恵みの雨と考えられ、「豊作」 と言われていました。
 
寒の内に降る冷たい雨は「寒の雨」と呼ばれます。
 
また、この日に汲んだ水を「寒九の水」と言います。
寒の内の水は雑菌が抑えられ腐りにくく、
中でも「寒九の水」は薬になるとまで言われていました。
 
風邪や体の冷えに気を付けたいこの頃、
昔の人は「寒中のお灸は良く効く」と言い、
「寒灸」といってお灸をすえて養生したそうです。
胃腸の弱い人は特にこの時期、
「天枢」や「三里」と呼ばれるツボにお灸をすれば、
不足している陽の気が補われて、元気が湧いてくるそうです。
 
 
<関連記事>

f:id:linderabella:20201227114531j:plain

トップに戻る