よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

冬の土用

「冬の土用」は立春の直前の約18日間で、
令和3年の「冬の土用」は1月17日~2月2日に当たります。
 
 
土用の期間は、
土を司る「土公神」(どくしん・どくじん)という
土を司る神様が支配する時期とされ、
土を動かしてはいけないとされてきました。
今でも、土を動かす作業(柱立て、基礎工事、壁塗り、井戸掘りなど)は
「土用」の期間をはずす方が多いようです。
土用は季節の変わり目ですから、
農作業で体調を崩さないようにとの戒めもあると思われます。
 
 

 
 
但し、1年の内1/5(18×4=72)の期間、
これらの作業が出来ないことは社会生活上問題が多いため、
土公神が天上に行き、地上にいなくなる「間日」(まび)が設けられ、
間日の間は土公神が地上を離れるので、土を動かしても問題ないとされています。
 
<冬土用の間日>・・・寅・卯・巳の日
 令和3年:1月18日・19日・21日・30日・31日、2月2日
 

 
 
古代Chinaに端を発する自然哲学思想である
五行思想ごぎょうしそう)では、
万物は火・水・木・金・土の5種類の元素からなり、
  • 「春」=「木」
  • 「夏」=「火」
  • 「秋」=「金」
  • 「冬」=「水」
が割り当てられ、
そしてそれぞれの季節の変わり目には「土」が割り当てられ、
これを「土用」と言います。
 

f:id:linderabella:20200716062542j:plain

 
五行
五時 土用
五臓
 
 
冬の土用は、「未」(ひつじ)の日に
「ひ」のつくものや「赤い」ものを食べるといいそうです。
「ヒラメ」「ヒラマサ」「トマト」などがあります。
 

 
 

 
 
「冬の土用」の時期は、
古くは1年の中でも、取り分け”気”が乱れやすい「表鬼門」の時期と言われ、
免疫力低下によってインフルエンザなどの感染病に掛かりやすくなり、
肌荒れや喉風邪などの乾燥障害が起こりやすい時期でもあります。
 

f:id:linderabella:20201212104838j:plain

 
 
また、「夏の土用」と同様に、胃腸の疲れから、
食欲不振、消化力の低下、気力の低下などの出やすい時期でもあります。
消化器官の機能低下は万病の原因。
贅沢なご馳走はほどほどに、小食を基本にして胃腸を休めることが、
「冬土用」の養生の要です。
 

f:id:linderabella:20210105062438j:plain

 
 
消化と栄養補給・分配を司る「脾」の気を高める季節の甘味は、
玄米を始めとする「全粒穀物」や「さつまいも」などです。
 
 

【ふるさと納税】本場種子島産安納いも(冷凍焼きいも)1袋500g入り×8袋
 
 

f:id:linderabella:20201227114531j:plain

トップに戻る