よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

初午いなり・初午団子・しもつかれ

初午いなり

稲荷神社といえば「狐」。
狐といえば「油揚げ」が大好物。
という訳で、
初午の日には、油揚げや油揚げにすし飯を詰めたものを
奉納しました。
これが「いなり寿司」の始まりです。
 
「稲荷神社」も「いなり寿司」も親しみを込めて
「おいなりさん」と呼ばれています。
因みに、
東日本のいなり寿司は米俵に見立てた「俵型」で、
西日本では狐の耳に見立てた「三角」が主流です。

 
 

「初午団子」

初午には蚕の神様を祀る行事も行われました。
養蚕をしている家では、繭が沢山出来るようにと願い、
餅粉で繭の形に作った団子をお供えしたのです。
 
地域によっては、団子を繭玉に見立てて中に小豆を一粒入れたり、
ザルの中にマブシ(わらのようなもの)を入れて
蚕が繭を作るように飾ったり、
繭がシミにならないよう醤油をつけずに食べたりします。


しもつかれ

栃木県内では、「初午の日」に節分に使った豆を
稲わらのつとの中に入れて、稲荷様や氏神様に供える風習があります。
  • わらづとに入れて屋根の上に投げると火事にならない
  • 稲荷様に供えるとキツネが畑を荒らさない、疫病にかからない
  • 初午以外の日に作ると火事になる
  • しもつかれを7軒食べ歩くと病気にならない
と言われています。
 

 
しもつかれ」は、
鮭の頭と、鬼おろしですった大根やにんじん、
油揚げ、大豆、酒粕と煮る煮つけで、
おせち料理や節分の豆の残りなどをうまく使った
栄養満点の郷土料理です。
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plainf:id:linderabella:20201227110726j:plain

トップに戻る