よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

除夜の鐘

12月31日の除夜(大晦日の夜)、深夜0時を挟む時間帯に、
全国のお寺で鳴らされる百八つの鐘を「除夜の鐘」と言います。
 
 

f:id:linderabella:20201223152109j:plain

 
人には百八つの煩悩があると言われ、
その煩悩を祓うために、除夜の鐘を撞く回数は108回とされています。
また、月の12、二十四節気の24、七十二候の72を足すと108つになり、
一年間を表すとも言われます。
 
 
「煩悩」とは、人の心を惑わせたり、悩ませ苦しめたりする心の働きのことで、
仏教における考え方からきています。
鐘を撞くことでこれらの煩悩を1つ1つ取り除いて、清らかな心で正月を迎えようと
言う訳です。
 
 
108回のうち107回目までは前年のうちに撞いて、
最後の1回は新年になってから撞く(深夜0時に最後の一回をつく)のが
正式な撞き方だそうです。 
 
 
百八つの煩悩を全てキレイに祓って、新しい年を迎えるということのようです。
きちんと24時に終了するという寺院では、
鐘の撞き始めを早めに設定し、22:40頃から開始されるそうです。 
 
<関連記事>
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain

 

トップに戻る