よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

六十干支(ろくじっかんし)

暦注の多くは、
「陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)という古代Chinaの思想や易から発生し、
月日に当てられるようになったもので、その大きな柱となるものが「干支」です。
 
「干支」(えと)は、「十干」(じっかん)と「十二支」(じゅうにし)の組み合わせです。
 
「十干」は元々、甲、乙、丙、丁…と、
日を順に10日のまとまりで数えるための呼び名(符号)でした。
10日毎に「一旬」(いちじゅん)と呼び、
3つの旬(上旬、中旬、下旬)で1ヶ月になるため、広く使われていました。
 
古代Chinaでは、
万物は全て「陰」と「陽」の2つの要素に分けられるとする「陰陽説」(いんようせつ)
全て「木」「火」「土」「金」「水」の5つの要素からなるとする「五行説ごぎょうせつ)という
思想がありました。
 
これらを組み合わせて「陰陽五行説」といい、
やがて陰陽五行説を「十干」に当てはめるようになりました。
また、日本では、この「陰」と「陽」を「兄」(え)「弟」(と)に見たて、
「兄弟」(えと)と呼ぶようになりました。
 
一方、「十二支」は、元々12ヶ月の順を表わす呼び名でしたが、
やがてこれらに12種の動物を当てはめるようになったものです。
 
干支の組み合わせ(十干と十二支の組み合わせ)は60通りあり、
「六十干支」と呼びます。これが一巡すると「還暦」となります。
 
  干支 音読み 訓読み 十干 十二支  
1 甲子 こうし きのえね f:id:linderabella:20201225131338j:plain
2 乙丑 いっちゅう きのとうし  
3 丙寅 へいいん ひのえとら  
4 丁卯 ていぼう ひのとう  
5 戊辰 ぼしん つちのえたつ  
6 己巳 きし つちのとみ f:id:linderabella:20200725054637j:plain
7 庚午 こうご かのえうま











8 辛未 しんび かのとひつじ
9 壬申 じんしん みずのえさる
10 癸酉 きゆう みずのととり
11 甲戌 こうじゅつ きのえいぬ
12 乙亥 いつがい きのとい
13 丙子 へいし ひのえね
14 丁丑 ていちゅう ひのとうし 間日
15 戊寅 ぼいん つちのえとら











16 己卯 きぼう つちのとう
17 庚辰 こうしん かのえたつ
18 辛巳 しんし かのとみ
19 壬午 じんご みずのえうま
20 癸未 きび みずのとひつじ
21 甲申 こうしん きのえさる
22 乙酉 いつゆう きのととり  
23 丙戌 へいじゅつ ひのえいぬ  
24 丁亥 ていがい ひのとい  
25 戊子 ぼし つちのえね  
26 己丑 きちゅう つちのとうし  
27 庚寅 こういん かのえとら  
28 辛卯 しんぼう かのとう  
29 壬辰 じんしん みずのえたつ  
30 癸巳 きし みずのとみ  
31 甲午 こうご きのえうま  
32 乙未 いつび きのとひつじ  
33 丙申 へいしん ひのえさる  
34 丁酉 ていゆう ひのととり  
35 戊戌 ぼじゅつ つちのえいぬ  
36 己亥 きがい つちのとい  
37 庚子 こうし かのえね  
38 辛丑 しんちゅう かのとうし  
39 壬寅 じんいん みずのえとら  
40 癸卯 きぼう みずのとう  
41 甲辰 こうしん きのえたつ  
42 乙巳 いつし きのとみ  
43 丙午 へいご ひのえうま  
44 丁未 ていび ひのとひつじ  
45 戊申 ぼしん つちのえさる  
46 己酉 きゆう つちのととり  
47 庚戌 こうじゅつ かのえいぬ  
48 辛亥 しんがい かのとい  
49 壬子 じんし みずのえね














f:id:linderabella:20201112164955j:plain




50 癸丑 きちゅう みずのとうし
51 甲寅 こういん きのえとら
52 乙卯 いつぼう きのとう
53 丙辰 へいしん ひのえたつ
54 丁巳 ていし ひのとみ
55 戊午 ぼご つちのえうま
56 己未 きび つちのとひつじ
57 庚申 こうしん かのえさる
58 辛酉 しんゆう かのととり
59 壬戌 じんじゅつ みずのえいぬ
60 癸亥 きがい みずのとい
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain

 

トップに戻る