よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

三隣亡(さんりんぼう)

「三隣亡」は、
「屋立てあし」「蔵立てあし」ということから建築関係の「大凶日」とされ、
文字通り「この日に建築関係のことを行うと三軒隣まで滅ぼす」と言われていました。
また、「高いところへ登ると怪我をする」と注記されている暦もあります。
 

 
 
江戸時代の書物には「三輪宝」と書かれており、
当時は「屋立てよし」「蔵立てよし」と、建築にとっては「吉日」でした。
 

 
ところが、いつしかこの「よし(良し)」が「あし(悪し)」となって、
「屋立てあし」「蔵立てあし」と呼ばれ、「三隣亡」になったという説があります。
そのため「三隣亡」は迷信と言われてもいます。
 

 
ただ「三隣亡」は現在は「凶日」であるとされているので、
一応、次のような行事や大事を行う時の日取りの参考にして下さい。
 
 

1.地鎮祭上棟式(棟上げ)・仮柱

   

建築業界では慣習にもなるほど
「三隣亡」は建築関係にとっての有名な大凶日です。
皆さんが気を使わないとしても、
隣三軒の人が気にする方であれば、周りの方への配慮も考えて、
三隣亡に地鎮祭上棟式、土起こし、建前等は行わないのが
無難かもしれませんね。
また、建築ではないにしても、
土地の購入・契約、家の購入・契約なども
「三隣亡」の日にはしないのが良いとされています。
 
 

2.引っ越し

   

引っ越しにおいても凶日と考えるのが一般的です。
 
 

3.結婚式や入籍

   

建築と関係はありませんが、
「家庭を築く」と表現されることからも、
「三隣亡」の日は入籍や結婚式の凶日に当たると考えられています。
 
 

4.葬式・法事

   

「法事」は特に避けるべきとは考えられていませんが、
「葬式」を行うのを避ける慣習は存在しています。
地域や宗派によって違いもありますのでお寺さんに確認するのが一番です。
 
 

5.神社に参拝や厄払い

   

特に問題ではないようです。
 

6.お祝いごと

   

上棟式のような建築に関わるお祝い事でなければ、
特に問題ではないようです。
 

7.契約

   

建築に関わる事でなければ、特に問題ではないようです。
 
 
 

f:id:linderabella:20201220063356j:plain

 

トップに戻る