よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

おみくじ

f:id:linderabella:20210226180650j:plain

 

神社に参拝した際に
「おみくじ」を引き、運勢などを占われた方も多いかと思います。
一般に縦に長い四角や八角、または円形の箱をシャカシャカと振って
おみくじを引きます。
 
一般的に「おみくじ」は、
個人の運勢や吉凶を占うために用いられている訳ですが、
種類も色々とあり、神社ごとに工夫も窺うことが出来ます。
 
その内容には、
吉や凶、または大吉・中吉・小吉・末吉という「吉凶判断」の他、
金運や恋愛、失せ物、旅行、待ち人、健康など
生活全般に渡る記述が載っています。
また、生活の指針となる和歌などを載せているものもあります。
 
けれど「運勢の結果だけ見てすぐ結んでしまう」という方も、
少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。
 
運勢の順番は多くの場合、以下の順となっています。
  • 寺社:大吉>吉>小吉>半吉>末吉>末小吉>凶
  • 神社:大吉>吉>中吉>小吉>末吉>凶
 
 
そもそも占いとは、物事の始めに当たって、まず御神慮を仰ぎ、
これに基づいて懸命に事を遂行しようとする、ある種の信仰の表れとも言えます。
つまりおみくじとは「神仏の意思を伺うことのできるくじ」。
悩み事ができたとき、神様・仏様のアドバイスを聞いて今後の参考にしたい・・・
そう考えた昔の人々によって生み出された、神仏からのメッセージツールなのです。
 
 

おみくじを引いた後

木々のみなぎる生命力にあやかり、
願い事がしっかり結ばれますようにとの祈りを込めて、
おみくじを木の枝に結ぶという方が多いは思います。
 
おみくじのメッセージをしっかりと受け取ったのであれば、
おみくじを納める「おみくじ掛け」に結んでしまっても構いません。
 
けれども、神様からのメッセージなのだから、
吉でも凶でもありがたく受け取り持ち歩きましょうという考え方もあります。
ただ、「凶」が出たら、吉に転じて欲しいと願いを込めて
利き手と反対の手で結ぶと良いでしょう。
結ぶという行為は、難しいことをして目的を達成する、
修行の省略版なのだからだそうです。
 
「おみくじ」は単に吉凶判断を目的として引くのではなく、
その内容を今後の生活指針としていくことが何より大切なことと言えます。
引いた「おみくじ」を充分に読み返し、自分自身の行動に照らし合わせるためにも
おみくじを持ち帰り、お守りにしてみてはいかがでしょうか?
 
おみくじを持ち帰った場合も、
時間が経って持ち帰ったおみくじが不要になった時には、
寺社の納札所に納める、または年末年始のお焚き上げに出すことで
最後まで礼を尽くすことが出来ます。
 
 

f:id:linderabella:20200616092637j:plain

 

トップに戻る