よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

神棚(かみだな)

f:id:linderabella:20210325090255j:plain

昔から日本人は、生活に欠かすことの出来ない大切な場所に
神様をお祀りしてきました。
家の中でお祀りするために設けられたのが「神棚」です。
棚にお祀りすることは、
神聖で尊いものを他から区別するという意味があります。
家庭の和は、一家の者が心を合わせて「神棚」にお祀りした神様を敬い、
祖先を尊び、親を慕い、子を愛することによって育まれます。
神々や祖先の「お陰」を忘れた家庭に「円満」と「幸福」はあり得ません。
 
 
「神棚」の起源は、『古事記』に登場するとされています。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)
父であり、日本を生んだと言われる神様・伊耶那岐命(いざなぎのみこと)から賜った
神聖な宝物を、棚にお祀りし崇めたという神話です。
 
 
庶民にまで普及したのは中世、
更に、現在のようにここの家でお祀りされるようになったのは
江戸時代と考えられています。
中世以降、伊勢の神宮に対する信仰が全国的に広がり、
伊勢神宮から配布される大麻(お札)を置いた棚だとされています。
江戸時代には、庶民の間でも、
ご利益を求めての伊勢参詣「おかげまいり」が一大ブームとなりました。
 

  

 
伊勢には、「おかげまいり」に全国から訪れた参詣者のガイドを務める
神宮の布教グループ・御師(おし)がいて、参詣者に神宮のお札を配りました。
そのお札を納めるために御師が神談を発案したのではないかと言われています。
 
当初は大麻ごと取り換えると、
家内の穢れを除き、清らかな空間を作り出すことが出来ると考えられていました。
やがて、そこに神様がいると意識されるようになり、
今日のような「宮形」(みやがた)を置く神棚が生まれました。
 
土間や台所に設置されるものは「縁起棚」と言って、
生活に密着した神様(火の神など)を祀ります。
かつては部屋毎に象徴的な意味があり、祀られる神様も違いました。
 
 

神棚の祀り方

神棚は家の中で家族が親しめる明るくキレイな部屋に祀りましょう。
通常、座敷か居間とされています。
天井近く、目線より高い位置になるよう
「南向きまたは東向き」に設けることが理想です。
トイレと背中合わせの場所や人が出入りするドアの上などは避けましょう。
また、神棚と仏壇は同じ部屋に設置しても大丈夫ですが、
拝礼する時にどちらかにお尻を向けてしまうため、
向かい合わせにすることは好ましくありません。
家の造りによっては難しい場合はこだわる必要はありません。
何よりも神様を大切に想う気持ちが一番大切です。 (・・・・更に詳しく
 
 

御神札 おふだ を納める

「御神札」(おふだ)とは、
神社のご祭神の名前や霊威を表す文字や図象・神社の名前が記され、
清浄に奉製し、ご神前でお祓いをしたもので、
神様のご分霊でもあり神さまの力を宿したもので、様々な種類があります。
 
神様から授かるものですので大切に丁寧に扱いましょう。
お神札に巻いてある薄紙は「上巻紙」(じょうまきがみ)と言って、
お神札を各家庭の神棚へお祀りするまで清浄に保ち、
汚れることのないように施された物ですから、
神棚に祀る時には、取り外してからお祀りします。
(つけたままでも一向に構いません。)
 
御札は東向きまたは南向きに祀るのが良く、北向きだけは避けましょう。
神様の宿ったお神札は一年経ったら、神社への感謝の気持ちを込めてお返しします。
 

毎日のお祀り

毎朝、食事の前に、
神棚の榊の水を替え、燈明に火を灯して、お供え物をします。
毎日お供えするものは、「御飯」「お塩」「お水」の三品です。
 
「御飯」については、朝御飯を炊かれるのであれば、炊いた一番の御飯を供えます。
朝、炊かれない場合は、「洗米」でも構いません。
お酒・お塩も出来れば毎日お供えするに越したことはありませんが、
何日か決まった日にお供えするのも良いでしょう。
 
「洗米」は水洗いをしたお米のことで、炊く前の状態です。
お米は洗った後、乾かしてから神前にお供えして下さい。
特にこれからの時期は、お米を湿った状態でおいておくと傷みやすくなりますから、「無洗米」でもいいそうです。
 
花は「榊」または「荒神松」を供えます。
お正月や毎月一日、家族にとって大切な日などには、
この他に「お酒」や「野菜」、「果物」などもお供えします。
 
まず神様にお供えしてから、家族で頂くようにしましょう。
神様にお供えした物は、「お下がり」として、家族みんなで頂きます。
神様のお供えした食べ物を頂くことは、神様のお力を頂くという意味があります。
 
もし身内に不幸があった際は、
神棚に半紙を貼り、一般に五十日祭(四十九日)が過ぎるまで
「毎日のお祀り」は遠慮しましょう。
 

お参りの作法

神棚のお参りの仕方は、
神社と同じように、「二礼二拍手一礼」を行います。
「二礼二拍手一礼」は、
まず背筋を伸ばして90度のお辞儀をします。
次に胸の高さに手を合わせ、二回拍手します。
最後にもう一度90度のお辞儀をします。
複数の人で行う場合は、バラバラに参拝するのではなく、
先導者に合わせてお辞儀と拍手をするようにしましょう。
 
家族揃ってお参り出来ればよいのですが、
出来ない時は、一人一人が出掛ける前にお参りすればよいでしょう。
また、帰宅した時や寝る前にもお参りしましょう。
神棚をお参りすることは、
毎日の平穏な生活や家族の健康を祈り、感謝することにあります。
 
 

トップに戻る