よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

神棚に配置する「神具」

f:id:linderabella:20210325090255j:plain

瓶子 (へいし)

   

お酒を入れてお供えする蓋つきの器で、一対セットで起きます。
中身を入れたら蓋を取ってお祀りします。
 

水玉・水器 (みずたま)・(すいき)

   

お水を入れてお供えするための器です。
ぽってりとしていて背が低く、蓋付きです。
中身を入れたら蓋を取ってお祀りします。
 

榊立 (さかきたて)

   

榊の葉を立ててお祀りするための神具です。
一対セットで神棚の左右に置きます。
 

高月・平皿 (たかつき)・(ひらざら)

   

お米やお塩を供えるための器です。どちらか一対でお供えします。
また、「高月」「平皿」を一枚ずつ使っても構いませんが、
その場合には、高さのある「高月」のほうにお米を入れます。
お皿の中心に盛り付け、向かって左側にお米、右側にお塩をお祀りします。
 

神鏡(しんきょう)

   

神具の中でも特に大きな役割を担うもので、
三種の神器の一つである八咫鏡の模型です。
神様の目標(めどう)となると言われ、神社でも御昇殿の奥にお祀りされています。
「神鏡」は神様そのものの姿、また神が宿る依代(よりしろ)であり、お参りする際に映った自分の姿を振り返り、真心を神様に見て頂くという意味もあるようです。
神棚ではお宮の扉の前、中央にお祀りします。
中身を入れたら蓋を取ってお祀りします。
 

灯明・篝火・ローソク立て・灯籠 (とうみょう)・(かがりび)・(ろーそくたて)・ (とうろう)

   

いずれも一対セットで神棚の左右に置きます。
スペースがない場合は、どちらか一つでも構いません。
ローソクはお参り前に火を点け、終わったら消します。
灯籠は夕方に転倒させ、就寝前に消します。
 

三宝(三方) (さんぽう)

   

お供え物を載せる木の台。
神具を一度に運べるだけでなく、神具を直接棚板の上に並べずに済むので、神棚を汚すこともありません。
胴に穴がなく、更に継ぎ目のない方を神前に向けて置きます。
 

注連縄 (しめなわ)

神聖な場所であることを示すために張るものです。
片方が太い「大根注連」や両方が細い「ごぼう注連」など、
多種多様な様式があり、奉書や半紙で作った紙垂(しで)を挟み込みます。
神棚に付ける際は、お宮の前面か上に、向かって左を細い方、
向かって右を太い方にしますが、地方により様々です。
 

雲板・幕板 (くもいた)・(まくいた)

  

  

「神棚の上にはもう何もありません」という意味を持つ波形の板で、
マンションや二階建ての一階に神棚をお祀りする場合、
踏みつける失礼のないよう、神棚の上部に取り付けた天井です。
「天」や「雲」の字をキレイな白い紙に書いたものや
白木の彫り物を張っても構いません。
 
 

 
更に・・・・
 

真榊(まさかき)

   

五色の布の先端に榊を立て、
三種の神器」(勾玉・鏡・剣)の模型を掛けた置物。
神棚の両端、向かって左側に剣をかけたもの、
右側に鏡と勾玉を掛けたものをお祀りします。
 

玉垣 (たまがき)

   

「榊立」につける木製の垣。
見た目に品格が出るだけでなく、榊をお祀りする際に、
神棚周辺に水紋がつくのを防ぐことが出来ます。
 

神棚幕・神前幕 (かみだなまく)・(しんぜんまく)

   

神棚の上部(雲板がある場合は、板の内側)に張ると、
厳かな雰囲気になる装飾品です。
神紋などを入れたものも多く、元社、元宮によっ紋を選びます。
胴に穴がなく、更に継ぎ目のない方を神前に向けて置きます。
 

御簾 (みす)

   

神棚の上部神聖な場所での結界の役目を持ち、
御扉を開く際の目隠し神棚の装飾品として使います。
 

金幣(きんぺい)

   

棒の先に金銀の「紙垂」(しで)を挟んだもので、
ご神体の代わりに祈りを通すものとしてお祀りします。
お宮の扉前に「神鏡」を置き、扉と「神鏡」の間に置くのが一般的です。
 

鳥居 (とりい)

     

神様の聖域と人間が住む俗界との境界線となるものです。
鎮座される神様になるべく穢れが入らないよう、お祀りします。
 

狛犬・神狐(こまいぬ) ・(しんこ)

狛犬」は社や鎮座される神様を守護するもので、
「阿吽」(あうん)の一対でお祀りします。
「阿吽」
 口を開いている「阿形」が右側、口を閉じている吽形が左側
 
「神狐」は、お稲荷様のお使いとしてお祀りし、
願い事によって色を選びます。
白:大願成就、朱:健康・活力、金:商売繁盛
 

トップに戻る