よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

真榊(まさかき)

 
 
「真榊」(まさかき)とは、神事の場で祭壇の左右に立てる祭具です。
直立した棒の上に榊を付け、
緑・黄・赤・白・青の五色絹の幟(のぼり)のを垂らし、
向かって左側には「草薙剣(くさなぎのつるぎ)を、
右側には「八咫鏡(やたのかがみ)と「八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を掛け、
先端に榊を立てたものです。
五色絹の色は、陰陽五行説における天地万物を構成する5つの要素、
木・火・土・金・水を表しています。
 
 
天照大神が天の岩戸にお隠れになった際、
太玉命が天香山から五百本の榊を掘り採り、
そこに「御統」(みすまる)と「八咫鏡(やたのかがみ)を掛け、
祈祷したと言います。
これを「五百筒真賢木」(いおつまさかき)と呼び、
現在の「真榊」(まさかき)の原型となっています。
<御統>

たくさんの玉を一本の糸で通し首飾りのようにしたもので、
「五百御統」とも言います。
 
八咫鏡」は天の岩戸のお隠れの際に石凝姥命が天香山から 金属を掘り出し、
それを材料として作ったとされています。
八咫鏡(やたのかがみ)の「咫」は尺という文字から寸法のことを表し、
八咫で約二尺の円周となります。
 

      

 
鏡と勾玉と剣は「三種神器」と言われるように、
御神体の基本となるもので、
「真榊」は神祭具であるとともに、御神体を象徴するものであります。
 
 


三種の神器 黒鉄風セット【受注発注】◆八咫鏡 黒鉄風、草薙之剣 黒鉄風、八尺瓊之勾玉◆古事記 日本書紀

 

f:id:linderabella:20210311155416j:plainf:id:linderabella:20210325090255j:plain

 

トップに戻る