よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

幣串(へいごし・へいぐし)

「幣串」(へいぐし)とは、上棟式に棟に上げる祝い柱もしくは束。
昔は、3mの柱が使われていましたが、
最近では1m程度の短いものが使われています。
 
短い「弊串」は、上棟式が終わると、棟に縛り付けて上棟の記念とします。
柱材を使った「弊串」は、
棟梁送りによって棟梁の家まで運ばれて、棟梁への祝儀となりました。
そして棟梁は、自分の家を建てる時に、この「弊串」を柱として使い、
建て主との繋がりを表しました。
 
棟式(棟上式・建前)の棟上終了後に、
屋根の木組みの束と呼ばれる部分に取り付けます。
家や家族の様々な幸福や厄除けを願う物であり、
角材に祝上棟などと書き込み紅白の古式折り紙や紙製の扇、
金箔や銀箔またはそれらに代わる金、銀紙などで装飾されたものです。
 
 

f:id:linderabella:20210311155416j:plain

 

トップに戻る