よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

御幣(ごへい、おんべい、おんべ)

 
 
「御幣」(ごへい)とは、祭祀で用いられる「幣帛」の一種で、
2本の「紙垂」(しで)を「幣串」(へいぐし)と呼ばれる細い木や竹の棒に挟んだものです。
「幣束」(へいそく)とか「幣」(ぬさ)とも言います。
 
一般的な「御幣」(ごへい)は細長い「紙垂」を2本、八の字になるように下に垂らして作ります。
通常、「御幣」に取り付ける「紙垂」(しで)は白い紙で作られていますが、
白だけでなく赤い紙や五色の紙や、金箔・銀箔が用いられることもありますし、
数が多いものもあります。
 
昔は、神様に布類を捧げる際に木に挟んでお供えをしていたそうですが、
長い歳月を経て布から紙に変化し、
現在の「御幣」(ごへい)のような形状になったものと考えられています。
 
 
 
「御幣」神様の依り代として、清めたい場所や神様が宿るもののそばに置くもので、
お祓いやお清め、「地鎮祭」などの場で振って使われる他、
専用の台に立てかけて「御神体」として祀られることもあります。
また、一般家庭の神棚や部屋の壁の高い位置に置いてお祀りすることも多いです。
  

f:id:linderabella:20210311155416j:plain

 

トップに戻る