よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

手土産(てみやげ)

日本人はお土産をもらうのはもちろんですが、
お土産を買うことが好きな人も多いですねえ。
 
「お土産を買うという習慣」は、1000年以上前からあります。
「みやげ」は漢字で「土産」と書くために、
「土地の名産品」と思われがちなのですが、元々は、「宮笥」(みやげ)でした。
「宮笥」(みやげ)とは、「神札」(おふだ)を板に貼ったものです。
「笥」(け)は容器のことで、
その「笥」に神霊、つまり神様の霊力を入れたものが「宮笥」なんです。
昔、日本人は、「村の外には邪気悪霊がいる」と考えていたため、
伊勢参り」などのお宮参りは、
村の中でも一番勇気の有る男が選ばれて、「村の代表」として出かけました。
出発する時は、水杯(みずさかずき)を交わしたというくらい、決死の覚悟でした。
村人は、この男に賽銭を渡し、自分の祈願を頼みました。
これが、「餞別」の風習の始まりとなりました。
神社に辿り着いたその代表は、
その「餞別」で、村人皆の分の「宮笥」を買って帰りました。
これが、「土産」の風習の始まりなのです。
土地の物産品が寺社の門前に並ぶのは、この風習に便乗したためです。
 
ただ、他にも「都笥」「屯倉」「都帰」など諸説あります。
更に近年は、「見上げ」(みあげ)、すなわちよく見て選び差し上げることから転じて
「みやげ」になったとする説もあります。
 
 
そして、お土産がなぜ「土から産まれる」と書くのかと言うと、
「土産」は「その土地の産物」が本来の意味だそうで、
「とさん」とか「どさん」と言っていたそうです。
いわゆる「その土地の名産」ということです。
  
「土産」と「みやげ」は、別の意味で用いられていましたが、
室町時代から混用されるようになり、
室町末期以降は、「みやげ」の当て字として「土産」が用いられるように
なったそうです。
 
因みに、差し上げる際の決まり文句「つまらないものですが」は、
 「一生懸命選んだ品物ですが、あなたが大変素晴らしい人なので、
 どんなものでもつまらないものに思えてしまいます」という意味です。
 

手土産の渡し方

1.玄関で渡す

手土産程度のものなら、玄関で渡してもいいでしょう。
また、生鮮品やアイスクリームなど、直ぐに冷蔵庫に入れた方が良いものや、
鉢植えや鮮魚など、部屋を汚す恐れのあるのは、玄関先で渡す方が良いでしょう。
 

2.部屋で手土産を渡す

贈答品の場合は、部屋に通され、挨拶をしてから渡すのがマナー
 

3.渡す時の注意点

  • 風呂敷のまま差し出してはいけない
  • デパートの紙袋のまま差し出してはいけない
  • むき出しで持参してはいけない

f:id:linderabella:20210207154504j:plain

 

トップに戻る