よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

お裾分け(おすそわけ)

「お裾分け」は「お福分け」とも呼ばれるように、
頂いた幸せを近隣の人々で分かち合うという意味があります。
都市部では余り見られなくなりましたが、
近所付き合いが大切にされている地方では、今も盛んです。
 
お裾分けの作法には、 かなり地域差があります。
例えば、お裾分けが入れられた容器を直ぐに返すところもあれば、
直ぐに返しては失礼なので、ある程度時間を置いて返すところもあります。
また、器に何か食べ物を入れて返すべきだというところや、
器は直ぐに洗って返し、別の機会に手作りのものやお土産の形でお返しをするのが
良いとされるところもあります。
 
 
「お裾分け」という言葉はいただいたものを他の人に分け与えるという意味ですが、
「お裾分け」という言葉を目上の人に使うのは
失礼な表現として受け止められてしまう可能性があるため、注意が必要です。
お裾分けという言葉で使われる「すそ」とは、着物のすそのこと。
着物の裾は、地面に触れそうな場所にある生地で、
汚れやすい場所にある生地のことなので「つまらないもの」という意味になります。
「つまらないもの」は謙遜の意味ではあるのですが、
「お裾分け」は「誰かからもらったものを、更に誰かに分ける」ということ。
人からもらったものをつまらないと表現し、
更にそのつまらないものを目上の人に分けて配るというのは
やはり失礼であると言えるでしょう。
ですから、「お裾分け」という言葉は、
上下関係のあるデリケートな場面では避けておいた方が無難であると言えそうです。
 
 

f:id:linderabella:20210207154504j:plain

 

トップに戻る