よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

現在の神社体系

戦後になり、国家と神道の結びつきは禁止され、伊勢神宮を中心に神社が集まって
民間の宗教団体である「神社本庁」が設立されました。
但し、神社本庁に属していない神社もあります。
 
 

1.神社本庁

神社本庁は全国8万社と言われる神社を包括する民間の宗教法人です。
全国の神社の総括事務をはじめ、氏子や神職の育成など、
関連団体と連携しながら神道の次世代への継承を担う、
中心的な役割を果たしています。

2.神社庁

都道府県には神社本庁の地方機関としてそれぞれの神社庁を置き、
神社に関する事務をとる他、市や郡に支部を置いて地域の振興をはかるための
業務を行っています。
 

3.神社本庁被包括神社

神社本庁の包括化の神社。
約8万社。
 

4.別表神社

神社本庁被包括神社のうち、神職の人事などで特別な扱いをされる神社。
神社本庁規定」の別表に記載されています。約350社。
 

5.単立神社

神社本庁など包括的な宗教団体に属さない神社。
約2000社。小さな祠なども含めると約20万社ともされています。
 

6.勅祭社

天皇から勅使が使わされる祭礼のある神社。
 

f:id:linderabella:20210311155416j:plain

 

トップに戻る