よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

祭神と御神体

日本神道の神様は 、「八百万の神」と言われるように実に多彩です。
海、山、川などの自然物から、台所や鍋、釜、大工道具などの身近なものに至るまで、
全てに神様が宿っていると考えられてきました。
 
元々神様は姿を持ちません。
また、それぞれの神社で祀る神様「祭神」も神社に常在している訳ではありません。
祭事のある度に、遥か彼方の常世の国から降臨し、人々に祝福をもたらした後、
再び常世の国に帰っていきます。
 
<祭神の分類>
神社には祭神として様々な神様が祀られています。
♦自然に関する神様
  • 自然現象・気象神
  • 動植物神
  • 地理・地名・地形神
  • 地理・地名・地形神のうち山岳信仰に関する神
♦人格的性格の強い神様
  • 皇祖・皇族神
  • 氏神の祖神・守護神
  • 国土創造の神
  • 地域の開拓神
  • 英雄・功労者神
  • 文化・学術神
  • 御霊神
♦機能・性格に基づく神様
 
明治時代の神社整理などにより、現在では通常、神社では複数の神様が祀られています。その中で最も中心的に祀られている神様を「主祭神」と言い、それ以外の神様を「配祀神」「相殿神」と言います。
主祭神(主神)
神社の神々の中でも最も中心的な地位にある神様のこと。
神社によって、一神の場合や複数の場合があります。
 
配祀神(配神)
主祭神に添えて祀られている、主祭神に縁のある神様のこと。伴に祀られるようになった神、後に加えられた神など、神社によって経緯などは異なります。
 
相殿神(合殿神)
社殿の中に主祭神の他に合祀した神のこと。
主祭神より後に祀られた神、同時に祀られた神、元は主祭神であった神など、神社によって異なります。
 
♦摂社・末社
神社境内にある本殿以外の小さな社や祠のこと。
「摂社」と「末社」の区別について明確な規定はありませんが、多くの神社では、本社祭神の后神や御子神、本社創建以前から祀られている神といった
本社と強い関係を持つ祭神を祀るのを「摂社」、
それ以外の神を祀るのを「末社」としているようです。
比較的規模の大きいものを「摂社」と呼ぶこともあります。
 
 
神様が宿る場所、降臨する場所を「依代(よりしろ)と言い、
神社で祀った依代御神体(ごしんたい)と呼びます。
山、樹木、石や鏡、玉、剣、絵画、御幣など、御神体は神社によって様々。
 
御神体と偶像とは異なります。
偶像は神仏を拝むためにかたどられた像ですが、
神道で拝むのは、御神体に宿る目に見えない神様です。
 
御神体は神聖視され、神社の神宝とされているものも少なくなく、
本殿の奥に祀られ、一般参拝者は勿論、基本的に神職も目にすることは出来ません。
 
- 様々なご神体 -
 [読み]さんしゅのじんぎ・さんしゅのしんき・みくさのかむだから
古事記を代表とした神話の中に登場した3つの宝物で、瓊瓊杵尊(ニニギ)が天孫降臨する際、天照大神(アマテラス)より授けられたことで、この地上にもたらされました。そして、歴代天皇はこの「三種の神器」を継承し、これをもって、天皇天皇であることの証とされてきたのです。
  1. 天叢雲剣あめのむらくものつるぎ 草薙剣くさなぎのつるぎ
  2. 八尺瓊勾玉やさかにのまがたま
  3. 八咫鏡やたのかがみ 真経津鏡まふつのかがみ
 
<神体山>
神体山は、ご神体として崇められた山のことで、富士山などが有名です。中には立ち入ることの出来ない「禁足地」とされた山もあり、その麓や里には遥拝所が設けられ、後に神社に発展したものもあります。
 
<磐座> [読み]いわくら
磐座とは、神様が降臨して鎮座する依代となる岩石のことです。巨岩や奇石などは、古くから依代となる自然物の代表的な物として崇拝され、その場所を聖地として神祭が行われています。
 
<御神木>
御神木は、神様の降臨に当たっての標識であり、神様の依代とされています。境内でも目立つ巨木や古木またはその地域特有の樹木が御神木となり、樹種は杉や松、楠などの常緑樹が多いです。
 

f:id:linderabella:20210226164459j:plainf:id:linderabella:20210311155416j:plain

 

トップに戻る