よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

手締め(てじめ)

物事が無事に終わったことを祝い、掛け声とともに打つ手拍子で、
「手打ち」とも言います。
 
祭りや冠婚葬祭などの式典、商談や株主総会などの終わりに行われますが、
元々は約束・和解の成立や神前での誓約のしるしでした。
天照大御神から出雲の国を譲るように言われた大国主命は、
そのことを長男の事大主神(ことしろのみこと)に伝えると、
柏手(かしわで=拍手)を打って承知したと
古事記の「国譲りの神話」の中には記されてあります。
柏手を打つことが物事が落着することになり、
「柏手を打つ」⇨「手を打つ」⇨「手締め」となったようです。
 
 
掛け声とリズムには、様々な種類がありますが、
一般的に普及しているのは「江戸締め」で、
3・3・3・1の「一本締め」と、これを3回繰り返す「三本締め」です。
略式の「一丁締め」は、正式な場では行うべきではないとされています。
この他、「大阪締め」など、地方独自の作法も数多くあります。
 
因みに、「イヨーッ」という掛け声は、「祝おう」が訛ったものです。
 

一本締め

 「イヨーッ」
 ⇨「シャシャシャン」⇨「シャシャシャン」⇨「シャシャシャン」⇨「シャン」
 ⇨「ありがとうございました」(パチパチパチ・・・拍手)
 

三本締め

 一本締めを3回繰り返す。
 

一丁締め

 「イヨーッ」⇨「シャン」
 ⇨「ありがとうございました」(パチパチパチ・・・拍手)
 

大阪締め

 「打-ちましょ」⇨「パンパン」
 ⇨「もひとつせ」⇨「パンパン」
 ⇨「祝うて三度」⇨「パパンパ」
 ⇨「おめでとうございます」(パチパチ・・・拍手)
 
f:id:linderabella:20210208161904j:plain

トップに戻る