よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

忌み言葉(いみことば)

日本では「言霊」(ことだま)と言って、
言葉には霊的な力があると伝統的に信じられてきました。
 
かつては神聖な場所では使ってはいけない言葉が存在しました。
例えば、「沖言葉」(おきことば)と言って、
海上では猿を「エテコウ」、蛇を「ナガモノ」と言い換えます。
これは全国の漁師の間でのしきたりでした。
 
この他、猟師は「山言葉」を用い、
「夜言葉」(よことば)というものも存在しました。
海や山、夜は神聖で特別な空間・時間と考えられていたのです。
今でも主に祝いの席などでは、縁起の悪い言葉は避けられます。
そうした場では、
例えばスルメ(掏る・め)は「アタリメ」、シネマ(死ね・ま)は「キネマ」と
言い換えられます。
 
「忌み言葉」(いみことば)とは、不幸が続くことを連想させるため、
信仰上の理由や葬式・葬儀・告別式・結婚式などの特定の場面での使用を控える
不吉な意味の語を連想させる言葉です。
「忌み言葉」に気をつける場面は葬式よりも結婚式などのケースが多いですが、
「お悔やみの言葉・弔辞・弔電」を述べる時も同様に、
「忌み言葉」を避けるようにすることが最低限のマナーであり、常識とされています。
 
他にも忌み言葉とはちょっと異なりますが、
「、」や「。」などの句読点も縁起が悪いとされているので、
結婚式や祝い事で使用する文章には極力使用しないようにしましょう。
 

仏式葬儀における忌み言葉

  • 浮かばれない
  • 浮かばれぬ
  • 迷う

神式・キリスト教式葬儀での忌み言葉

  • 成仏して下さい
  • 供養
  • 冥福
  • 往生

夫婦の離別を想起させる忌み言葉

去る、飽きる、捨てる、冷える、冷める、別れる、切る、
切れる、離れる、離婚、離縁、帰る、帰す、終わる、終える、
降りる、枯れる、嫌う、嫌い、薄い、疎遠、疎んじる、浅い、
憂い、おしまい、返す、ほどける、裂ける、放す、破れる、
破る、割る、割れる、忙しい、壊れる、壊す、消える、消す

不幸や死を連想させる忌み言葉

焦る、敗れる、憂い、散る、悲しむ、無し、無くす、おしまい、
醤油、塩、シクラメン、シネマ、別れる、切る、切れる、
離れる、離婚、離縁、終わる、終える、破れる、破る、割る、
割れる、去る、痛い、痛み、飽きる、捨てる、負ける、病む、
病気、冷える、枯れる、死ぬ、亡くなる、
四、4、九、9、ほどける、とんだこと、とんでもない、
冷める、倒れる、倒産、忙しい、流れる、流す、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、滅ぶ、滅びる、ご生存中、生きている頃、しめやかに、仏、葬式、褪せる、衰える、更に、僧、
すり鉢、短い、逝く、涙、梨、猿、すり箱、スルメ、忌み、
悪い、相次いで、相次ぎ

繰り返す重ね言葉

わざわざ、再三再四、たまたま、重ね重ね、いよいよ、度々、
くれぐれも、皆々様、かえすがえす、重々、いろいろ、
またまた、なおまた、しばしば、次々、再々、益々、
どんどん、だんだん、みるみる、いよいよ、日々、時々

再婚を想起させる忌み言葉

戻る、戻す、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再婚、再三、
二度、二回
 
 

f:id:linderabella:20210208161904j:plainf:id:linderabella:20210207154504j:plainf:id:linderabella:20210208160652j:plainf:id:linderabella:20210208160656j:plain

 

トップに戻る