よりどりみどり~好き三昧~

色々やってます。

縁起物(えんぎもの)

縁起物一覧
 
   - 項目 -
f:id:linderabella:20201120185527p:plain
自然
f:id:linderabella:20201029124125j:plain
植物
f:id:linderabella:20210418175412j:plain
動物
f:id:linderabella:20210227075121j:plain
飲食物
f:id:linderabella:20200616092637j:plain
器物
f:id:linderabella:20210226180643j:plain
模様
 
 
日本には、多くの歴史を重ねてきた「縁起物」が古来から沢山あります。
「五穀豊穣」「大漁追福」「商売繁盛」「家内安全」「無病息災」「安寧長寿」
夫婦円満」「子孫繁栄」「祖先崇拝」「招福祈願」「 厄除祈念」「合格祈願」など
多岐に渡ります。
 
また、祭礼や縁日や市など、寺社の参道や境内や門前町・鳥居前町において、
参詣者に授与・販売する歴史的、文化的背景のあるものも「縁起物」を意味します。
よく知られているものには、
東京・浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)の「酉の市」があります。
この時参詣者は「熊手」(くまで)や「お多福面」などの「縁起物」を
縁起を祝って購入します。
 
日本古来の物として特殊な例としては、
祭りなどで選ばれた「福男」や「なまはげ」などの演者、「力士」など、
神の依り代になった人も「縁起物」とされます。
 
季節ごとの滋養強壮の目的で、
長寿や薬事効果を期待して食された物である「鰻」や「初鰹」なども
「縁起物」を意味するようです。
 
江戸時代には、縁起物が大ブームとなり、数多くの「縁起物」が生み出されました。
羽子板、熊手、笹飾り、朝顔、鬼灯、七福神破魔矢、お守り、おみくじ、絵馬、
お札、犬張り子、赤べこ、達磨・・・などなど。
更に地方ごとにも独自の縁起物が多数あり、その由来も多岐に渡っています。
 
 
ところで「縁起」とは何でしょうか?
「縁起」とは、仏教用語の「因縁生起」(いんねんしょうき)の略語で、
「因縁によってあらゆるものが生ずる(起きる)こと」という意味の言葉です。
 
仏教では、全ての現象、物事がそれ単体で成り立つものではなく、
無数の縁によって生じているといった意味で、ありのままを表している言葉です。
その言葉がいつからか「縁起が良い」や「縁起が悪い」といった
それ自体が意味のあることとして定着し、現在に至ります。
 
 
自 然
f:id:linderabella:20201120185527p:plain
 

 

植 物
f:id:linderabella:20201029124125j:plain

 

動 物
f:id:linderabella:20210418175412j:plain

 

飲食物
f:id:linderabella:20210227075121j:plain

 

器 物
f:id:linderabella:20200616092637j:plain

 

模 様
f:id:linderabella:20210226180643j:plain

 

 
f:id:linderabella:20200616092637j:plain

トップに戻る